中越自動車学校入寮規則

第1条 目的

この規約は、中越自動車学校(以下「当校」という。)において、自動車運転免許を取得するため合宿教習を希望する教習生に、秩序ある社会生活と責任ある行動を身につけ、もって安全運転者養成教育に寄与することを目的とする。

 

第2条 義務

入校の要件を満たし、入寮する者(以下「寮生」という。)は、中越自動車学校入寮規則(以下「本規則」という。)を遵守するとともに、社会通念に従い寮の保全と秩序の維持に努める義務を負うものとする。

 

第3条 誓約書

寮生は、入寮に当たり別途定める「入寮誓約書・合宿教習申込書」を提出しなければならない。

 

第4条 禁止行為

寮生は、次の各号に掲げる行為を行ってはならない。

  • 1 法律に違反する行為。
  • 2 寮内に人に危害を及ぼすおそれのある危険物等を持ち込むこと。
  • 3 建物、付属設備、備品を毀損すること。
  • 4 窃盗、恐喝等の違法行為及び地域周辺、隣室、同室者に迷惑を及ぼす行為。
  • 5 部外者及び異性を部屋に入れる、異性の部屋に入る行為。
  • 6 指定部屋や共有スペース以外(他の居室等)への立ち入り。
  • 7 酒類の持ち込みや、飲酒及び賭博行為。
  • 8 寮内において、許可無く政治活動、宗教活動をすること。
  • 9 当校が指定する宿泊施設以外への宿泊及び無断外泊をすること。
  • 10 故意による宿泊の延長行為。

 

第5条 遵守事項

寮生は、次の各号に掲げる遵守事項を誠実に遵守しなければならない。

  • 1 建物、付属設備及び備品を大切に扱うこと。
  • 2 居室及び共用施設の整理整頓と清潔を心がけること。
  • 3 節電、節水に努めること。
  • 4 戸締まりは確実に施錠するなどして防犯に努めること。
  • 5 貴重品は身に付けるなど自己管理を徹底し、盗難、紛失に注意すること。
  • 6 寮の門限は午後11時とする。(学校の指示がある場合を除く)
  • 7 当校の職員の指導、指示に従うこと。 
  • 8 夜間テレビの音量を小さくし、他のお客様に迷惑のかからないようにすること。
  • 9 室内の設備(ベット等)を勝手に移動しないこと。
  • 10 他の部屋や共有場所から備品等を部屋に持ち込まないこと。
  • 11 寮内で禁煙を厳守すると共に20時以降は喫煙場所での喫煙はしないこと。

 

第6条 防火安全

寮生は、次の各号に掲げる防火安全事項を遵守しなければならない。

  • 1 火気、電気等の取り扱いは慎重に行うこと。
  • 2 指定された喫煙場所以外で喫煙はしないこと。
  • 3 廊下、階段、非常口等に障害物を置かないこと。
  • 4 消火器の位置と取り扱いを熟知すること。

 

第7条 点 検

寮内の共用施設等については、随時職員が点検を行うものとする。

 

第8条 原状回復

寮生は、退寮時に居室を現状に復さなければならない。

 

第9条 修繕費の弁償等

寮生は、故意又は重大な過失により付属施設及び備品等を毀損し、損害を与えた場合は、当該修理等に係る実費相当額を弁償する。また、相部屋等で当該毀損行為者が不明の場合は、同室全員の共同責任とする。鍵の紛失については、複製に係る経費(30,000円+税)を弁償するものとする。

 

第10条 免責事項

寮生が、次の各号に掲げる事由により損害を被った場合、当校は責任を負わないものとする。

  • 1 天災地変、労働争議、法令の制定・改廃、その他やむを得ない事由により生ずる教習日程の変更、又は教習の中止
  • 2 盗難、紛失等(貴重品は各人が自己管理すること)
  • 3 教習生当事者の不注意により発生した事故、喧嘩等のトラブルから発生した事案
  • 4 その他やむを得ない事由により生じた事案

 

第11条 退 寮

次の各号のいずれかに該当する者は、退寮しなければならない。

  • 1 当校が規定する規則及び本規約等に違反した者
  • 2 生活状況、生活態度等を勘案し、寮生としての資格がないと当校が判断した者

 

第12条 退寮処分

当校の規則及び本規約等を遵守しない当該寮生は、退寮処分とする。

  • 1 前項の退寮処分による損害については、一切の保証はしないものとする。
  • 2 退寮処分者については、退校処分(受講している教習・仮免等の教習課程が全て無効となる。)として取り扱い、受講金額等は一切返金しないものとする。

 

第13条 中途解約

寮生が中途解約を申し出た場合は、別に定める精算方法に基づき行う。

  • 1 退校処分を受けた場合は、料金の払い戻しはありません。保障内容以外の費用(技能、宿泊追加料、キャンセル料、電話料等がある場合)別途支払うものとする。
  • 2 退校処分の場合は、帰路交通費のサービスはありません。

 

第14条 キャンセル料・追加料金

  • 1 保証期間内であっても、故意、過失を問わず、個人的な理由(寝坊、遅刻、    病気等)で教習のミスや、教習のキャンセルがあった場合は、そのキャンセルされた時限数の教習費及びそれに伴うスケジュールの移動、並びにそれが原因による延泊費用を請求いたします。
  • 2  寮生が、保証期間を過ぎて延泊する場合は、当校が指定する部屋に移動する場合がある。

 

第15条 その他

  • 1 寮生の一時帰宅は認めないものとする。但し、やむを得ない事由並びに仮免学科試験3回不合格の場合、一時帰宅とし仮免許学科試験合格後再入校等の措置とします。その際の交通費等は実費となります。     この場合は、当該者の荷物は持ち帰り、鍵は返却する。また、部屋及び配車は全て無効となり、再入校時に新たな予約が必要となる。
  • 2 入寮期間中に部屋の移動が生じる場合があるが、寮生は正当な理由がある場合を除き、職員の指導、指示に従わなければならない。
  • 3 第3条に規定する「入寮誓約書」の提出及び署名捺印を拒否した場合は、入寮を認めないものとする。

 

附則
 この規約は、平成27年7月1日から施行する。